合言葉は「Speak Easy」

禁酒法時代のアメリカのバー文化を象徴する合言葉。
酒の密造や販売だけではなく、そこでは性別や社会的地位の壁を越え様々な人種の人たちが同じ時間を過ごし、
長く継承される文化の誕生に大きく影響しました。

サービス紹介

時が流れても語られる偉業を成し遂げた紳士には、共通するライフスタイルがある。その一つがバーでの時間の過ごし方。

お気に入りのウイスキーを片手にシガーやショコラを味わい、一日の終わりに

自分と向き合う大切な時間。

iOS の画像 (10).jpg
iOS の画像 (6).jpg

大人になる為にバーで学ぶこと


クラシックバーでは年齢や性別、社会的地位の枠を超えた人と出逢い、窮屈な上下関係などとっぱらい、趣味の話を存分にしたり、自分の本音を語ったり、子供のように無邪気に笑ったりと楽しい時間を過ごす事はもちろん、日常の中では受け入れることができなかった自分と違う視点の考え方も素直に受け入れられる時がある。

「気づき」との出逢いに背中を押され、​前向きに「一歩」を踏み出せる事も。

待ち合わせなんてしなくても、その時一緒になった人との時間を楽しめばいい。

人との出逢いだけではなく、新しい「味覚」や「嗜み」と出逢い大人の所作を学ぶ場でもある。

未知の味わい、未知の薫り、未知の自分…

シガーに火をつける紳士の手元には「余裕」と「色気」が漂う。

五感を鍛えて、感性を育む「文化」の学びの場。

iOS の画像 (11).jpg
iOS の画像 (8).jpg

サービス紹介

時代を彩った色とりどりの〝クラシックカクテル〟生演奏や華やかなダンスショーなどのエンターテイメント。シガーを片手に颯爽と歩くギャングたちの生き様を描いた数々の名作映画の誕生。

「Speak Easy」 
ショコラにお酒を潜ませて..

お酒が弱い方や、興味への一歩が踏み出せない方にJOHN KANAYAのショコラをきっかけに、お酒の味わいと出会い嗜好品を楽しむ事、バーに通う習慣等、ダンディズム文化から「人生をより豊かに過ごす為のヒント」を見つけていただけたら嬉しいです。
世界中のバーテンダーと、誇り高い銘酒の生産者の皆様への敬意と共に、バー文化の継承をここに願います。